日本武道学会 柔道専門分科会 > 会員の活動 > ろう者柔道競技新団体設立説明会(合同練習会)にて瀬川洋氏と久保田浩史氏が指導

ろう者柔道競技新団体設立説明会(合同練習会)にて瀬川洋氏と久保田浩史氏が指導

2019年4月20日(土)、東京学芸大学柔道場にて「ろう者柔道競技新団体設立説明会(合同練習会)」が実施され、全日本ろうあ連盟スポーツ委員会として「ろう者柔道競技新団体(仮称)」の設立に向けた取り組みがスタートしました。

同日開催された合同練習会では、会員の瀬川洋氏(広島国際大学)と久保田浩史(東京学芸大学)が指導を行いました。

ろう者スポーツとしては、4年に1度開催されるデフリンピックが有名です。ろう者柔道団体の設立により、デフリンピックはもとより、国内のろう者柔道の普及・発展も期待されます。

全日本ろうあ連盟による合同練習会の記事はこちら