日本武道学会 柔道専門分科会 > 会員の活動 > 日本武道学会第47回大会 柔道専門分科会 企画

日本武道学会第47回大会 柔道専門分科会 企画

柔道専門分科会 企画 テーマ

「中学校武道必修化の現状について」

講師

 
  • 小山秀謙(広島県呉市立昭和北中学校 教諭)
  • 山本堅一(広島県教育委員会事務局スポーツ振興課学校体育係指導主事)
  • 村田直樹(日本武道学会 理事長)

開催概要

 
  • 日時:平成26年9月11日(木) 13:00~15:00
  • 場所:福山市立大学
  • 司会:山崎俊輔(日本武道学会 柔道専門分科会 副会長)

平成24年度から全面実施された中学校武道必修化は、実施前に安全の確保などの面から施設・設備の条件整備や指導者の有無およびその資格等を巡り様々な議論が展開されてきた。
本分科会は実際に中学校で武道指導に携わる指導者からの報告、併せて県教育委員会の指導主事による武道授業に関わる実態及び方針等の説明をして頂く。これらの報告を元にして現状を把握し、今後解決されなければならない課題を明確にし、その改善策について議論をすることで中学校武道必修化に対する提言を行うことを目的とする。

要項ダウンロードはこちらから>>柔道専門分科会企画2014